北海道札幌市西区八軒
6条東1丁目4-14-1F
電 話
011-802-9405
営業時間
10:00 ~ 17:00
定休日
水曜,日曜,祝祭日

増毛山道を復活させるプロジェクト「増毛山道の会」の賛助会員になりました

2010/09/06

日曜日、サッポロビール博物館で開催されていた『増毛山道パネル展』に行ってきました。この“増毛山道”って聞いたことありますか?

現在増毛に行くには、石狩から国道231号線を日本海に沿って浜益を通過して北上するルートが一般的です。

しかしこの国道も通年使えるようになったのは、平成4年からのことだそうです。今から18年前と聞くと昔のことですが、平成4年はまだ身近に感じるわたしです

231号線全面開通は、昭和56年。それまでは、浜益~増毛間30kmが不通だったそうで、幻の国道と呼ばれていた、とか。平成4年の全面開通までの間は船で雄冬~増毛まで人も物も運ばれていたそうです。

さらに遡ると、道路も船の定期便もない時代、ここに1000mの峠を含む”増毛山道”があったそうです。一番古い記録では、1796年。増毛町大別苅~浜益村字幌までの約36km。(天狗岳、雄冬山、浜益御殿を通過します)途中、“武好駅逓”という宿場&郵便受取所がありました。建物はもうないそうですが、当時の写真が残っています。

この増毛山道を復活させよう!プロジェクトが動いているんです。個人的にとても興味があります。現在は、増毛別苅から岩老へのルートを整備中ということで、地道なササ狩り作業が進んでいます。

人の背丈以上あるササ

人の背丈以上あるササ

整備がすすむとこんな山道が歩けるようになる予感です。

増毛山道もっと詳しく知りたい方は、増毛山道の会もしくは留萌振興局の『増毛山道の歴史』をご覧下さい。

早速、賛助会員に入る事にしました。

コメント

  • SQ 2010/09/06

    ほっ
    ご来場いただきありがとうございました。
    増毛山道は、来ていただいた方に「ほっ」
    としてもらえる空間になると思います。
    「いちやく草」のように。

  • いちやく草 2010/09/07

    SQ王子さま、会場では案内して頂き有難うございました。
    なるほど、「ほっ」とできる古の道”増毛山道” 、いいキャッチフレーズです。
    10月には一部ルートお披露目会があるとか・・・楽しみです。
     “は”まますとましけが
     ”ひ”とでつながる
     “ぶ”よしえき
     “へ”て(経て)ふりかえりる
     “ほ”っとひといき、増毛山道

  • SQ 2010/09/07

    はちけんに
    ひっそりたたずむ
    ふるいみせ(建物が)
    へいぼんだけど
    ほっとできます
    「いちやく草」

  • いちやく草 2010/09/08

    むむむ、さすがです。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + nineteen =

こちらも是非ご覧ください

漢方薬局 いちやく草
電話 011-802-9405 営業時間 10:00 ~ 17:00 定休日 水曜,日曜,祝祭日 住所 札幌市西区八軒6条東1丁目4-14-1F
2013年7月8日開設 2015年10月23日サーバー移転