北海道札幌市西区八軒
6条東1丁目4-14-1F
電 話
011-802-9405
営業時間
10:00 ~ 17:00
定休日
水曜,日曜,祝祭日

着る漢方「草木染め 玉ねぎの皮編」してみたよ。

シンシン君と玉ねぎの皮

今回は玉ねぎの皮5個分を使って、手ぬぐい2枚(75g)を染めるよ!

今回使ったもの

  • 手ぬぐい2枚 (75g)
  • 玉ねぎの皮5個分
  • 「錆びた」釘
  • お水たくさん!

染める前に

今回は手ぬぐいでストールを作ってから染めるので、始める前に手ぬぐいをつなげておいたよ。

でも染めるのはハンカチでもTシャツでもなんでもいいヨ!

草木染めの仕方

染めやすくするために「地入れ」をするよ。

難しくないよ!30分ぐらい水につけておいてね。

この布を染めてみます

これはだして絞ったところだよ。

玉葱の皮を煮詰める

お水に玉ねぎの皮を入れたよ。これから30分ぐらい「コトコト」煮るよ。「グツグツ」じゃないよ。

部屋が温まるね!

玉葱の皮を煮詰めて色がでたところ

染液のできあがり!玉ねぎの皮はだすよ。

染める布と玉葱の皮からできた染料

染液をコップに入れたらこんな感じ。結構色がでてるね。

でもこれは玉葱の皮だけじゃないよ!黒豆のときみたいに「釘」も入れてたよ。

玉葱の皮からできた染料液に布を浸す

少しお水を追加してね。たっぷりの中じゃないと色ムラができるよ。時々おシャモジなんかでかき混ぜてね。とがってるものだと穴が開いちゃうかも!

染めているところ本番!

ねじっているところ。染液はまだ捨てないでね。濡れている状態のほうが色が濃く見えるんだって。好きな色に仕上げるために繰り返し染めていいんだよ。

一回染めただけだとこんな感じ。シルク(絹)じゃなくて手ぬぐい(綿)だから色がでにくい感じ。でも写真のせいもあるかも。時間がある人は2回3回繰り返し染めてみてね。

草木染めって「煎じる」ことに似てるって先生が言ってたよ!草木染めで使う染料はお薬になるものもあるんだよ。

玉ねぎの皮の草木染め完成

できあがり!

玉ねぎの皮を使った草木染めの方法について

(製作中)

玉ねぎの皮とミョウバン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × three =

こちらも是非ご覧ください

漢方薬局 いちやく草
電話 011-802-9405 営業時間 10:00 ~ 17:00 定休日 水曜,日曜,祝祭日 住所 札幌市西区八軒6条東1丁目4-14-1F
2013年7月8日開設 2015年10月23日サーバー移転