北海道札幌市西区八軒
6条東1丁目4-14-1F
電 話
011-802-9405
営業時間
10:00 ~ 17:00
定休日
水曜,日曜,祝祭日

「春野菜のはとむぎ入りクレープ包み」 2009年3月薬膳講座修了~春の薬膳~

2009/03/28

2009年3月26日(木)薬膳講座をいちやく草で行いました。
今回は3名受講。うち一名は初めての方でしたので、薬膳とは?という基本の話(性味など)も致しました。

テーマは『春の薬膳』。

まずは、春とはなんぞや?ということで、中国の古典をひも解き、紀元前475年~BC221年の書物、『黄帝内経・素問』の一説をお勉強しました。

  • 春は早めに寝て、早く起きましょう
  • お散歩をして、冬の間こわばった体を伸ばしましょう
  • 髪型はゆるめがポイント(きつめにupした髪型はいけません)
  • 気持ちをのびやかにしましょう
  • そうしないと、“肝”を傷めますよ

で、“肝”とは?のお勉強

胃の右横(自分にとって)にある血液をたっぷり含んだ内臓である“肝”は

  • 血液の貯蔵庫であったり
  • 全身の気のめぐりをコントロールしている内臓だったり
  • 気分や精神状態をコントロールする所だったり
  • 婦人科の子宮や卵巣とも関係の深い場所

なのです。

「なるほど、肝はそんなに大切なのか」と、肝が弱ると出やすい症状のお話をしたあとで、本日の薬膳料理!

肝臓の気の巡りを健やかにする、香りを楽しむ一品

春野菜のはとむぎ入りクレープ包み 2009年3月薬膳料理

~春はうきうき小腹もすきます『春野菜のはとむぎ入りクレープ包み』~

春野菜にふきのとうを使い、クレープにぬる味噌タレを作りました。

クレープの皮には、はとむぎの粉を半分使い、美容にもよろしく

あとはきゅうりや紫蘇、その他冷蔵庫にある野菜をくるくるして、出来あがりです。

おやつに、おつまみに、おすすめです。

来月からの薬膳講座は第3土曜日に変更になります。但し、4/18(土)は勉強会出席のため薬局を休みます。そのため、4月の薬膳講座を4/11(土)と4/25(土)のどちらにするか、参加者の方と検討の上、近々発表致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも是非ご覧ください

漢方薬局 いちやく草
電話 011-802-9405 営業時間 10:00 ~ 17:00 定休日 水曜,日曜,祝祭日 住所 札幌市西区八軒6条東1丁目4-14-1F
2013年7月8日開設 2015年10月23日サーバー移転